同時存在の原則/湘南なぎさ合同事務所

湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)|同時存在の原則

  1. 湘南なぎさ合同事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 同時存在の原則

同時存在の原則

相続の「同時存在の原則」とは、相続開始時に相続人は生きていなければならない、という趣旨で言われます。例えば、夫婦が旅行先で自動車事故により死亡したとします。夫と妻のいずれが先に死亡したか分からない場合には、この夫婦は同時に死亡したものと推定され、夫は妻の、妻は夫の相続人となることができません。公正証書で遺言を作成する際に、予備的な条文を設けて「万が一、遺言者よりも前に又は遺言者と同時に妻が死亡していたときは、同人に相続させるとした財産を長男に相続させる。」などとするのはこのためです。但し、同時存在の原則には例外があります。それは、胎児の扱いです。例えば父親が死亡した時、まだ母親のお腹の中にいた胎児は、「相続に関しては、既に生まれたものとみなす」と民法に規定されており、相続人となることができます。しかし、胎児が死体で生まれたときには相続人とはなりません。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

湘南なぎさ合同事務所が提供する基礎知識と事例

  • 生前対策生前対策

    「遺産争いなんて資産家だけの話」と思われている方も多いですが、相続...

  • 遺言書作成遺言書作成

    遺言には、主に「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」...

  • 相続法改正~配偶者居住権とは~相続法改正~配偶者...

    相続法改正~配偶者居住権とは~ ■配偶者居住権とは 配偶者居住...

  • 弁護士 相続弁護士 相続

    被相続人(亡くなった方)に遺言がある場合や、遺言が無くても相続人全...

  • 遺留分遺留分

    遺留分制度とは、被相続人(亡くなった方)が有していた相続財産につい...

  • 補助制度補助制度

    「補助」は、判断能力が不十分な方を対象とした制度で、被補助人は民法...

  • 遺言執行遺言執行

    遺言の執行とは、遺言内容の実現を図るためにする必要のある手続きを行...

  • 数次相続数次相続

    被相続人の相続財産について遺産分割協議を行なう前に相続人が死亡して...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    自筆証書遺言とは、遺言者(遺言をする人)本人が自筆で書き遺す形式の...

同時存在の原則|湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)

ページトップへ