数次相続/湘南なぎさ合同事務所

湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)|数次相続

  1. 湘南なぎさ合同事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 数次相続

数次相続

被相続人の相続財産について遺産分割協議を行なう前に相続人が死亡してしまったときには、その相続人の地位を相続人の子など「相続人の相続人」が引き継ぎます。これを「数次相続」といいます。
例えば、父母二人、子二人の家族構成において、父が死亡すると父の相続財産は法定相続人である母と子二人が相続しますが、この相続は遺産分割協議を開催して各相続人の相続分を決定してから決まります。その遺産分割協議を開催する前に母が死亡した場合には、母が相続する予定であった相続分を子二人が相続します。つまり、子二人はもともと父から相続する予定であった相続財産に加えて、本来なら母が相続する予定であった相続分も相続することになるのです。
代襲相続と数次相続の違いが問題になることがありますが、代襲相続は相続人が被相続人の死亡の時よりも前にすでに死亡していたときの相続のことをいい、数次相続は被相続人の死亡から遺産分割協議までの間に相続人が死亡してしまったときのことをいいます。また、代襲相続ではその相続人の子が全員相続人となりますが、数次相続ではその相続人の相続人が相続を行ないます。数次相続が発生して困ったケースを、両親と長男・二男の4人家族を例にとって説明してみますと、自宅不動産の名義人である父親が死亡し、その遺産分割協議を行う前に長男が死亡してしまい、本当は自宅不動産は母親に相続させたいと思っていたのに、死亡した長男の配偶者がそれを良しとせずに遺産分割が難航し、結局長男の配偶者と子に代償金を支払って解決した、というような事例が割と多くみられます。こういうトラブルを避ける方法は、この事例でいうと、父親が遺言を書いておくか、父親が死亡したらすぐに遺産分割協議を成立させ、遺産分割協議書を作成しておく、ということに尽きます。相続手続きに期限がない場合でも、あまりのんびりしていると思わぬトラブルが発生しますので、ご注意下さい。湘南なぎさ合同事務所では、ご相続に関するご相談を、初回は無料で承っております。お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

湘南なぎさ合同事務所が提供する基礎知識と事例

  • 相続法改正~自筆証書遺言の保管について~相続法改正~自筆証...

    ■相続法改正~自筆証書遺言の保管について~ 今回の相続法改正によ...

  • 遺言書の種類について!自筆証書遺言と公正証書遺言の選び方など遺言書の種類につい...

    遺言の書き方はいくつかあります。法律で定められたどの方式を選択す...

  • 家族信託と任意後見について家族信託と任意後見...

    財産管理に効果的な制度としては家族信託、任意後見制度があげられます...

  • 代償分割代償分割

    被相続人(亡くなった方)の遺産が自宅不動産と僅かな預金だった場合、...

  • 連れ子に相続権はあるか連れ子に相続権はあるか

    民法上、法定相続人となることができるのは、被相続人の血族および配偶...

  • 祭祀財産祭祀財産

    祭祀財産とは、民法に規定されている「系譜」「祭具」「墳墓」のことを...

  • 特別受益特別受益

    特別受益とは、被相続人(亡くなった方)から相続人が受け取った特別な...

  • 相続分不存在証明書 特別受益証明書相続分不存在証明書...

    被相続人(亡くなった方)から、自己の相続分以上の財産を受け取ってい...

  • 認知症対策としての家族信託の活用法認知症対策としての...

    ご存知の方も多いかと思いますが、認知症になってしまうと相続対策をす...

数次相続|湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)

ページトップへ