限定承認/湘南なぎさ合同事務所

湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)|限定承認

  1. 湘南なぎさ合同事務所 >
  2. 遺産分割協議に関する記事一覧 >
  3. 限定承認

限定承認

限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ方法です。通常は被相続人の財産にプラスの財産が多いのかマイナスの財産が多いのか分からないような場合に限定承認が行なわれており、限定承認を選択すれば、プラスの財産のほうが多かった場合には、プラスの財産からマイナスの財産を差し引いて、残ったプラスの財産を相続することができ、逆にマイナスの財産のほうが多かった場合には、マイナスの財産からプラスの財産を差し引いて、残ってしまったマイナスの財産については引き継がない選択をすることができます。限定承認を行なう場合には、相続放棄の時と同じように相続の開始を知った日(ほとんどの方は被相続人が死亡した日)の翌日から3か月以内に家庭裁判所に申立てを行なう必要があります。3か月の期日を過ぎると「単純承認」をしたとみなされ、プラスの財産もマイナスの財産もすべての財産を相続することになります。但し、この手続きは時間がかかる上に相続人の事務手続きの負担が大きいので、あまり利用されていないのが現状です。また、この限定承認を選択すると通常とは異なる課税をされますので、予め税理士にご相談されることをお勧めします。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

湘南なぎさ合同事務所が提供する基礎知識と事例

  • 任意後見制度のメリットとデメリット任意後見制度のメリ...

    自分の判断能力が不十分になる前に、あらかじめ判断能力が不十分になっ...

  • 祭祀財産祭祀財産

    祭祀財産とは、民法に規定されている「系譜」「祭具」「墳墓」のことを...

  • 不動産相続不動産相続

    不動産相続を行なう際には、不動産の評価額を算定するとともに、一...

  • 改製原戸籍改製原戸籍

    改製原戸籍とは、戸籍法が改正される前の形式で記載された戸籍のことで...

  • 保佐制度保佐制度

    「保佐」は、判断能力が著しく不十分な方を対象とした制度で、被保佐人...

  • 数次相続数次相続

    被相続人の相続財産について遺産分割協議を行なう前に相続人が死亡して...

  • 遺言執行遺言執行

    遺言の執行とは、遺言内容の実現を図るための手続きのことをいいま...

  • 秘密証書遺言秘密証書遺言

    秘密証書遺言とは、公正証書遺言のように公証人に遺言内容を伝えること...

  • 相続相続手続き期限

    遺産相続手続きの期限については、①相続税の申告・納税が必要な場合 ...

限定承認|湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)

ページトップへ