遺産分割協議/湘南なぎさ合同事務所

湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)|遺産分割協議

  1. 湘南なぎさ合同事務所 >
  2. 遺産分割協議に関する記事一覧 >
  3. 遺産分割協議

遺産分割協議

遺産分割協議とは、相続人同士がそれぞれの相続分について話し合う会議のことをいいます。遺産分割協議では相続人全員が納得するのであれば、法定相続分に従わない相続分を決定することもでき、相続分が決定すると遺産分割協議書を作成の上、相続人全員が署名捺印します。遺産分割協議で相続分がまとまらなかった時には家庭裁判所に解決を依頼することになります。その時には「遺産分割調停申立書」と呼ばれる申立書を家庭裁判所に提出し、調停を行ないます。調停はそれそれの相続人から調停委員が主張を聞く形式で行なわれ、調停でそれぞれの相続分がまとまれば「調停調書」が作成されます。調停調書は強制執行や登記の根拠とすることもでき、調停調書がある場合には遺産分割協議書は必要ありません。なお、調停でも問題が解決しなかった場合には、家庭裁判所による審判の手続きをとります。審判の決定も調停調書と同じように、強制執行や登記の根拠とすることができます。調停や審判は相続人同士で解決できなかった問題の判断を家庭裁判所に仰ぐ手続きとなりますが、基本的には法定相続分を前提として家庭裁判所の判断が下されます。遺産分割協議を行う前に、相続や相続手続きの正しい知識を得ておくことは非常に重要なことで、間違った知識を持ち寄って遺産分割協議を行うと、相続人間で争いが生じることにもなりかねません。湘南なぎさ合同事務所では、相続手続き経験の豊富な司法書士が皆様のご相談を承ります。初回のご相談は無料ですので、お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

湘南なぎさ合同事務所が提供する基礎知識と事例

  • 任意後見契約公正証書任意後見契約公正証書

    任意後見契約を結ぶには、任意後見に関する法律により、公正証書で任意...

  • 家族信託と任意後見について家族信託と任意後見...

    財産管理に効果的な制度としては家族信託、任意後見制度があげられます...

  • 名義変更名義変更

    相続の際、不動産や車の場合には、被相続人名義を相続人名義にする...

  • 補助制度補助制度

    「補助」は、判断能力が不十分な方を対象とした制度で、被補助人は民法...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議とは、相続人同士がそれぞれの相続分について話し合う会議...

  • 遺産分割協議公正証書遺産分割協議公正証書

    遺産分割協議書は公正証書として作成しなくても効力を持ちますが、公正...

  • 相続相続手続き期限

    遺産相続手続きの期限については、①相続税の申告・納税が必要な場合 ...

  • 包括受遺者包括受遺者

    「包括受遺者」とは、包括遺贈によって相続財産を引き継ぐ人のことをい...

  • 相続分の譲受人相続分の譲受人

    相続分は法定相続人や法定相続人以外の第三者に譲渡することもでき、法...

遺産分割協議|湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)

ページトップへ