遺言/湘南なぎさ合同事務所

湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)|遺言

  1. 湘南なぎさ合同事務所 >
  2. 遺言

遺言


遺言には、主に「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。それぞれ遺言に記載する内容や法的効力に違いはありませんが、作成方法や形式に違いがあります。

「自筆証書遺言」とは、遺言者(遺言をする人)本人が自筆で書き遺す形式の遺言書です。公証役場に行く必要はなく、遺言書の内容を書き換えたいときの手続きもそれほど面倒ではないため、作成が手軽で費用もそれほどかからないで済みます。2019年1月13日からは相続法改正により条件が緩和され、財産目録をパソコン等で作成し、各ページに署名押印するという方法が認められています。
ただし、自分だけで作成する方が多いため、内容上のミスや形式面でのミスが起こりやすく、死後に遺言が無効と判断されてしまうようなケースもあるほか、紛失・改ざんなどの保管上のリスクがあります。そこで、2020年7月10日以降は、法務局における遺言書の保管等に関する法律が施行され、法務局で保管することが可能になります。この制度により、保管の上でのリスクに対処することができます。

「公正証書遺言」とは、公証役場に遺言者が赴いて、遺言者の証言を基に公証人が公正証書として遺言を作成する形式の遺言書です。公証人という法律のプロが遺言者の意向に従う形で遺言書を作成していくため、内容面や形式面での不備が発生する可能性がなく、最も確実な遺言書の作成方法です。
ただし、公証人への依頼費用等がかかることから、一般的に自筆証書遺言よりも作成費用が高くなります。

「秘密証書遺言」とは、遺言者の意思により、遺言者もしくは第三者が遺言の内容を記載した書面を作成し、その書面に遺言者自身が署名・捺印をした上でこれを封じ、捺印した印鑑と同じ印鑑で封印した上で、公証人と証人2名の前で自己の遺言であること、及びその遺言内容を記載した書面を作成した者の氏名・住所を申述し、公証人がその封紙に日付・遺言者の申述を記載した後、遺言者と証人2名が封紙に署名・捺印する形式の遺言書です。基本的に公証人が遺言書の内容についてチェックすることはないため、遺言の内容を記載した人のミスによって死後に遺言が無効とされてしまう可能性はあります。
そのため、自筆証書遺言や公正証書遺言と比べて作成する方は少ないのが現状です。

よくあるケースに「うちは家族みな仲が良いから遺言など書かなくても大丈夫」といって遺言を作成せずに亡くなった父親の遺産分割をしようとした際、母親が認知症になっていて遺産分割協議ができなかった、というものがあります。
こういった場合、遺産分割協議をするためには、成年後見制度のうちの法定後見制度を利用して、母親の後見人を家庭裁判所に選任してもらわなければなりませんが、もし父親に遺言があったならば、後見の手続きは必須ではありません。

湘南なぎさ合同事務所では、相続・遺言・成年後見などに関するご相談を女性専門家ならではの安心の対応力で承っております。気軽に相談できる環境づくりを心がけておりますので、相続・遺言・成年後見などに関することでお困りの際はお気軽にご相談ください。

遺言に関する基礎知識や事例

  • 遺言執行者とは遺言執行者とは

    遺言執行人とは遺言の手続きを進行させる人のことで、遺言の中で遺言執行者を選んで指定し、指定した人に自分の遺言を確実に執行してもらうことができます。遺言執行者が指定されていないときには、遺言執行人...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    自筆証書遺言とは、遺言者(遺言をする人)本人が自筆で書き遺す形式の遺言書です。公正証書遺言や秘密証書遺言のように公証役場に赴いて遺言書を作成する必要がなく、自分ひとりで手軽で安価に作成できるのが...

  • 遺留分遺留分

    遺留分制度とは、被相続人(亡くなった方)が有していた相続財産について、その一定の割合の承継を一定の法定相続人に保障する制度で、被相続人による財産の自由な処分(贈与・遺贈)に制限を加えるものです。...

  • 遺言書の検認手続きとは遺言書の検認手続きとは

    ■遺言書の検認手続き 相続の際、亡くなられた方が自筆証書遺言や秘密証書遺言を遺していた場合には、家庭裁判所において遺言書の検認をする必要があります。 検認とは、家庭裁判所で遺言書の状態や内容を確...

  • 遺言書にはどのような効力があるか遺言書にはどのような効力があるか

    ■遺言書の種類 遺言書には、主に三種類存在します。 ・自筆証書遺言 遺言者がみずから書面に遺言の内容などを記入し、押印をする最も簡単な遺言の作成方法をいいます。 ただし、自筆証書遺言や秘密証書...

  • 遺言書の種類について!自筆証書遺言と公正証書遺言の選び方など遺言書の種類について!自筆証書遺言と公正証書遺言の選び方など

    遺言の書き方はいくつかあります。法律で定められたどの方式を選択するかによって得られるメリットも異なりますし、必要な要件も異なっています。自らの意思を遺産相続に反映させるためにも、まずはどのよう...

お気軽にお問合せ・ご相談ください

湘南なぎさ合同事務所が提供する基礎知識と事例

  • 不動産相続不動産相続

    不動産相続を行なう際には、不動産の評価額を算定するとともに、一...

  • 相続の対象となる財産とは?プラス財産からマイナス財産まで解説相続の対象となる財...

    遺産分割は大変で思わぬトラブルが起きやすいです。例えば、相続の対...

  • 後見制度後見制度

    「後見」は、認知症などの精神障害が原因で判断能力を欠く常況にある方...

  • 同時存在の原則同時存在の原則

    相続の「同時存在の原則」とは、相続開始時に相続人は生きていなければ...

  • 鎌倉で家族信託(民事信託)のご相談は当事務所にお任せください鎌倉で家族信託(民...

    民事信託は、商事信託のように金融機関に財産を託すこととは異なり親族...

  • 相続放棄相続放棄

    「相続放棄」とは、自分の相続する権利を放棄する手続きのことをいいま...

  • 相続登記には期限がある?相続登記には期限がある?

    相続登記の期限は特に定められていません。そのため、相続登記はご自身...

  • 成年後見制度と遺産分割成年後見制度と遺産分割

    成年被後見人は判断能力を欠いているため、自分が法定相続人に該当する...

  • 任意後見任意後見

    任意後見制度では、本人に十分な判断能力があるうちに、将来、判断...

ページトップへ