自筆証書遺言/湘南なぎさ合同事務所

湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)|自筆証書遺言

  1. 湘南なぎさ合同事務所 >
  2. 遺言に関する記事一覧 >
  3. 自筆証書遺言

自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、遺言者(遺言をする人)本人が自筆で書き遺す形式の遺言書です。公正証書遺言や秘密証書遺言のように公証役場に赴いて遺言書を作成する必要がなく、自分ひとりで手軽で安価に作成できるのがメリットです。ただし、自分で作成できる分、内容面や形式面で法的な不備があることも多く、不備があった場合には遺言書が法的に無効とされてしまうことも少なくありません。また、公証役場で公文書として認めてもらえる公正証書遺言と異なり、遺言者の死後、家族が遺言書を開封する場合には、遺言書を開封する前に遺言書を家庭裁判所へ持っていき「検認」と呼ばれる手続きを行なう必要があります。検認手続きを経ていない遺言書は家族による変造などの恐れもあることから法的に無効とされてしまう可能性もあり、遺言者の家族が「検認」についてよく知らない場合には注意が必要です。また、自筆証書遺言は保管場所にも注意が必要です。他人に見られまいと金融機関の貸金庫で自筆証書遺言を保管すると、遺言者が亡くなったあとにその遺言を金庫から取り出す金融機関の手続きに、原則として相続人全員の立会いが求められます。非協力的な相続人が一人でもいると、遺言書を取り出すことができなくなる可能性もありますので、十分注意して下さい。これに対して公正証書遺言の場合は、相続人からの請求で、遺言を作成した公証役場で何通でも遺言書の謄本が取得できます。
そのため、弁護士事務所や行政書士事務所・司法書士事務所などに遺言の相談をした場合には、一般的に「自筆証書遺言」よりも「公正証書遺言」をおすすめされます。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

湘南なぎさ合同事務所が提供する基礎知識と事例

  • 相続時精算課税制度相続時精算課税制度

    相続時精算課税は、贈与税の課税方式の一つです。 これは相続税と贈...

  • 養子縁組養子縁組

    お子さんのいない方や、相続税の対策として養子縁組制度を利用する方も...

  • 相次相続控除相次相続控除

    相次相続控除とは、短い間に相続が相次いだ時に相続税の負担を抑える制...

  • 成年後見人には「親族が望ましい」のか成年後見人には「親...

    つい最近、最高裁判所は、成年後見人には「身近な親族を選任することが...

  • 遺産承継業務(相続手続き代行業務)遺産承継業務(相続...

    当事務所では、ご相続人の方や遺言執行者の方からのご依頼による、相続...

  • 認知症対策としての家族信託の活用法認知症対策としての...

    ご存知の方も多いかと思いますが、認知症になってしまうと相続対策をす...

  • 胎児と遺産分割胎児と遺産分割

    被相続人が亡くなった時に、配偶者のお腹の中にいる胎児にも相続権が認...

  • 債務の相続と遺産分割債務の相続と遺産分割

    相続財産にはプラスの財産だけではなくマイナスの財産も含まれます。つ...

  • 相続法改正~遺産分割前の預貯金債権行使~相続法改正~遺産分...

    ■相続法改正~遺産分割前の預貯金債権行使~ 相続法改正によって、...

自筆証書遺言|湘南なぎさ合同事務所(茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市、鎌倉市)

ページトップへ