相続 について/湘南なぎさ合同事務所

公正証書/相続 について

  1. 湘南なぎさ合同事務所 >
  2. 相続 について

相続 についてに関する基礎知識記事や事例

  • 公正証書公正証書

    公正証書とは、法律の専門家である公証人が法律に従って作成する公文書です。公文書であるため証明力が非常に高く、強制執行の証拠とすることもできます。例えば、金銭の賃借において債務者が金銭債務の弁済を...

  • 財産管理財産管理

    財産管理委任契約とは、自分の財産の管理や日常生活における事務について、家族など信頼できる方に代理権を与える契約を結び、委任する契約です。財産管理契約は成年後見制度に類似していますが、成年後見...

  • 商事信託と民事信託(家族信託)の違いとは?メリット・デメリットを解説!商事信託と民事信託(家族信託)の違いとは?メリット・デメリットを解説!

    財産を信託する方法には「商事信託」と「民事信託(家族信託)」があります。これらの違いは何なのでしょうか?この記事では、商事信託と民事信託(家族信託)の違いについて分かりやすく解説します。ぜひ、...

  • 遺産の評価遺産の評価

    遺産分割は、様々な財産から構成される遺産全体を具体的相続分に応じて、相続人に公平かつ適正に分配することを目的とする手続きですので、その前提として、遺産全体の経済価値を評価する必要があります。適正...

  • 限定承認限定承認

    限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ方法です。通常は被相続人の財産にプラスの財産が多いのかマイナスの財産が多いのか分からないような場合に限定承認が行なわれており、限定承認...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議とは、相続人同士がそれぞれの相続分について話し合う会議のことをいいます。遺産分割協議では相続人全員が納得するのであれば、法定相続分に従わない相続分を決定することもでき、相続分が決...

  • 相続登記には期限がある?相続登記には期限がある?

    相続登記の期限は特に定められていません。そのため、相続登記はご自身のお好きなタイミングで行うことができます。 しかし、相続登記に期限がないといっても相続登記を放置することがデメリットとなること...

  • 遺留分遺留分

    遺留分制度とは、被相続人(亡くなった方)が有していた相続財産について、その一定の割合の承継を一定の法定相続人に保障する制度で、被相続人による財産の自由な処分(贈与・遺贈)に制限を加えるものです。...

  • 包括受遺者包括受遺者

    「包括受遺者」とは、包括遺贈によって相続財産を引き継ぐ人のことをいいます。 「包括遺贈」とは、財産の全部または一部を包括的に引き継ぐことで、相続する割合によって財産が遺贈されます。民法において包...

  • 相続手続きの流れとは?期限までにやるべきToDoチェックリスト相続手続きの流れとは?期限までにやるべきToDoチェックリスト

    相続手続きの流れを把握せず、各種手続きを忘れてしまうと遺産分割後にトラブルが発展してしまいます。そのため、相続手続きの流れについて把握しておきましょう。この記事では、期限別の相続手続きについて...

お気軽にお問合せ・ご相談ください

湘南なぎさ合同事務所が提供する基礎知識と事例

  • 平塚市の家族信託は司法書士にご相談ください平塚市の家族信託は...

    家族信託とは、自己の保有する不動産や預金などの財産の管理を信頼ので...

  • 同時存在の原則同時存在の原則

    相続の「同時存在の原則」とは、相続開始時に相続人は生きていなければ...

  • 遺言執行遺言執行

    遺言の執行とは、遺言内容の実現を図るための手続きのことをいいま...

  • 鎌倉で家族信託(民事信託)のご相談は当事務所にお任せください鎌倉で家族信託(民...

    民事信託は、商事信託のように金融機関に財産を託すこととは異なり親族...

  • 家族信託(民事信託)家族信託(民事信託)

    ここ数年話題になっている家族信託(民事信託)を利用して、市民の皆様...

  • 遺言書の検認手続きとは遺言書の検認手続きとは

    ■遺言書の検認手続き 相続の際、亡くなられた方が自筆証書遺言や秘密...

  • 相次相続控除相次相続控除

    相次相続控除とは、短い間に相続が相次いだ時に相続税の負担を抑える制...

  • 相続法改正~配偶者居住権とは~相続法改正~配偶者...

    相続法改正~配偶者居住権とは~ ■配偶者居住権とは 配偶者居住...

  • 限定承認限定承認

    限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ方法で...

公正証書|相続 について

ページトップへ